プラフレンドの使い方 | プラフレンド公式サイト

使用方法

お湯につけるだけなのでとても簡単
プラフレンドの使い方(基本編)

howto_01◆ 用意するもの
・プラフレンド
・プラフレンドカラー(色付けする場合)
・割ばし
・お湯(ポットなどあると便利です)
・耐熱容器などお湯をいれるもの
・型や形をつくるもの

  • ①お湯に入れる。
    出来上がりイメージの分だけ、お湯に入れる。お湯の温度は60℃以上です。
  • ②柔らかくなったら取り出す。
    割ばしなどで確認し、柔らかなくなったら取り出し、水気をよく切ります。
  • ③形を作る。
    柔らかいうちに、好みの形に成形します。色づけの場合は、混ぜ合わせる程度により、色がマーブルから単色へと変化していきます。
  • ④冷やす。
    冷たい水に浸すか、自然に冷えるのを待ちます。
  • ⑤完成!
    プラフレンドが冷えて固まれば完成です。
  • お湯に入れる。

    お湯に入れる。

  • お湯に入れ、透明感が出てきたら取り出します。

    お湯に入れ、透明感が出てきたら取り出します。

  • 粒状だったものをこねていくと、まとまってきます。

    粒状だったものをこねていくと、まとまってきます。

  • カラーはこの状態で成形可能になります。

    カラーはこの状態で成形可能になります。

  • カラー(赤)混ぜてみます。

    カラー(赤)を混ぜてみます。

  • 混ぜ具合により、マーブル模様にも、淡色にもなります。

    混ぜ具合により、マーブル模様にも、淡色にもなります。

  • 成形して、冷えるとマーブル模様になります。

    成形して、冷えるとマーブル模様になります。

  • 再度、お湯につけて、今後はよく混ぜ合わせると、赤の単色になります。

    再度、お湯につけて、今後はよく混ぜ合わせると、赤の淡色になります。

発色鮮やかなカラーもお楽しみください。
プラフレンドの使い方(カラー編)

howto_10・プラフレンドカラーで色付けする場合は、カラー毎に別々の容器で溶かした後、混ぜ合わせてください。
・混ぜ合わせる程度により、色がマーブル模様から単色へと変化していきます。
・プラフレンドカラーの5色をそれぞれ混ぜることにより、色々な色の表現が可能です。

安全にお使いいただくために
ご注意ください。

正しく、安全にお使いいただくために、下記の注意事項をお守りください。
★本来のご使用用途以外には絶対に使用しないでください。
★60℃以上のお湯を使用します。
★やけどには十分ご注意ください。
★食べ物ではありません。謝って飲み込んだ場合には、医師にご相談ください。
★お子様のご使用に際しては、保護者監督のもとにご使用ください。
★乳幼児の手の届かないところで保管してください。
★お湯を入れる容器は、ガラス製・陶器製が適しています。
★溶けた状態では、塩化ビニール・スチロール樹脂・ABS・ポリカーボネートと接着しやすく一度接着するとはがれません。
★ポリプロピレン・ポリエチレン・アクリルとは接着しません。